Into The World

旅と世界とインターネット

os_x_el_capitan_roundup

MacbookのOSをMarveriksからEl Capitanにあげたら、ローカル開発環境でApacheにアクセスできなくなった。

  2016/06/25    Apache, Web制作

上げよう上げようとずっと思っていたんですが、なんかローカルの環境の設定とかどうせ変えないといけないだろうし、忙しいからそんなんで開発できなくなったりするの嫌だなという怠慢のせいでずっとMarkeriksのままでしたが、満を持してEl Capitanにあげました。 そしたら案の定、ローカルの開発環境でApachにアクセスできず困ったので、それのトラブルシューティングを。 El Capitanにあげると、いつもアクセスしてたローカル内のサイトがこうなる。。 アクセスできない。。 調べてみると、どうやら、 /etc/apache2/extra/httpd-mpm.conf で下記を削除するといけるらしい。 [ 16 # The accept serialization lock file MUST BE STORED ON A LOCAL DISK. 17 # 18 19 20 LockFile “/private/var/log/apache2/accept.lock” 21 22 23 [参考] http://apple.stackexchange.com/questions/211015/el-capitan-apache-error-message-ah00526 削除後に、 apachectl -t リスタートする …

aws_logo

AWSのEC2にインスタンスを創って、SSHで接続するまで

  2015/06/08    AWS, Ruby on Rails, WEBサービス, Web制作

なんだかずっと触ろう触ろうと思って結局触らず終いでしたが、機会があったのでAWSデビューしました。 AWSはサインアップしてから1年間無料で使えるので(サービスの制限有り)、資本の少ないスタートアップや一回試してみたいというフリーランスのエンジニアの方にはぴったりだと思います。 今日は、AWSの新規アカウント作成後、インスタンスを創って、ssh接続するところまで。 ①インスタンス作成 ダッシュボードから、左メニューにある「インスタンス」をクリック インスタンスを作成。 AMI: Amazon Linux (無料) インスタンスタイプ: t2.micro(無料) セキュリティグループ: ssh 22と、http 80を許可 ストレージは、28GiB(30GBまで無料) ②キーを新規作成 設定が終わったら、キーファイル、[名前].pemを作成し、ダウンロード。 キーを.sshディレクトリに移動する。 ③sshで接続する 以下のコマンドで、EC2に接続だー! と思いきや、エラー発生。 パーミッションがオープンすぎるので、だめらしい。 なので、所有権を変更してあげれば良い。 これで、再度 をうつと、無事EC2に接続できました。 次回は、今回立ち上げたEC2で諸々の設定をしたいと思います。 [参考] http://blog.ruedap.com/2011/04/04/mac-ssh-key-copy-error

composerでcakephp3

ComposerでCakephp3をインストールしようとしてハマった件

  2015/05/25    Cakephp, Composer

composerでcakephp3をインストールしようとしてはまりました。 7時間くらいハマりました。 開発環境 Mac OSX Marveriks PHP 5.4.30 Apache/2.2.26 (Unix) MAMPやXAMPPなどのソフトは使わず、MacにプリインストールされているPHPとApacheを利用しています。MysqlはHomebrewでインストール済み。composerはインストールしてある前提。 まずは、開発ディレクトリに移動。 で、composer.pharが作成される。 次に、Cakephp3をインストール すると、 こんなエラーが。 PHP extension intlがないらしい。 調べると、 php.iniの設定で、extentionのコメントアウトを消せば、正常に動くとの事。 下記の1行を挿入 apache 再起動 先ほど試した時に、実は途中までインストールできていたようで、testディレクトリが出来ているので、 でディレクトリを削除 もういちど 先ほどとエラーは変わらず。 intlモジュール自体がないっぽい intlがあるか調べる ない。 ファイルが存在しない場合はintlモジュールをインストール必要がある。 調べると、peclでいれられるらしい この辺りさんこうに http://d.hatena.ne.jp/As_hsp/20120422/1335122128 http://qiita.com/ikemonn/items/45af7ede43b3d15d9d7a なんか聞かれたら基本 Enter これでpeclとpearが使えるらしい そこで、 …

cakephpでデバックをより簡単に

Cakephpでログインセッションがすぐに切れてしまうという方へ

  2015/05/23    Cakephp, PHP, Web制作

Cakephp2.4.10 でログインセッションが数時間で切れてしまって困っていました。 Cakephpでせっせと、app/Config/core.phpのなかに設定を書いていたんですが、なかなか思い通りに行かなくて、解決しない。 app/Config/core.php と思って、Cakeのsession関連の設定を色々試していたんですが、 結局、サーバー側のphp.iniの設定を変えていない事が原因でした。 /etc/php.ini 上記の様に設定が終わったら、忘れずにApacheを再起動 サーバーの方のphp設定を変更しないと、Cakephp側で設定を変更しても、効果がない場合があるので注意です。はまった。

Cakephp2系が激重だったので、色々やったらクソ速くなった

  2015/01/23    Cakephp, MySQL, PHP, WEBサービス, Web制作

CakephpでWebサービスを作っているのですが、最初の頃は速かったのに いつの日か気づいた時には、激重になっていました。 Google Speed Insightでチェックすると、 ○ トップページ モバイル 66点 PC 70点 ○ シングルページ: モバイル 47点 PC 69 そこまで悪い数字ではない(特にPC)けれど、体感でのスピードは激重。 5,6秒くらいかかってる気がする。これじゃユーザーすぐ離脱するぜ。。。 ということで、Cakephpのパフォーマンス向上施策をしました。 先に結果から書いておくと、 Mysqlのクエリ発行回数が多すぎた。 でした。 – ムダにDBにクエリ投げないこと – DBにindexをきちんと 結果的には、mysqlのクエリが多すぎた事が一番大きな原因でした。 僕の場合footerに沢山の情報を表示するためにAppControllerで大量にfindしてControllerで読み込んで表示させてたんですね。。 どのくらいmysqlクエリを投げているか確認する方法 app/Config/core.phpのdebugモードにして、 を計測したいビューに貼付けて実行すると、、、 そのページで読んでるクエリの数が70もありました。。 それを、出来るだけ減らして、半分以下の31に減らした結果、 (default) 31 queries took 33 ms …